光り輝く毎日へのエッセンス

初のキャンピングカーにお泊まり♪沖縄・瀬長島でBBQとグランピングを体験してきた!

5年ほど前から一気に注目を浴びて日本でも広まったグランピング。グランピングとは「グラマラス」と「キャンピング」を組み合わせた造語で“快適に優雅なアウトドアを楽しめる”と人気が高まり、日本でも楽しめる場所がどんどん増えてきましたね!

出典:tripeditor

実はグランピングは私がずっとやってみたかったことの1つ✨ 今回は沖縄県の瀬長島でBBQとグランピングを体験してきたので、瀬長島の紹介とあわせてレポートします!

瀬長島ってどんな島??

瀬長島那覇空港からすぐ近く、アクセス抜群のリゾートアイランドです。那覇空港への到着直後や、帰りの飛行機までちょっぴり時間が空いたときに立ち寄るのにもぴったり。また、瀬長島からは離発着する飛行機をとても間近に見ることができるので、飛行機好きの方にはもってこい!

出典:hotelwbf

ウミカジテラス

出典:hotelwbf

瀬長島といえば、カフェやショップが集まったウミカジテラスが有名です。青い海に囲まれた島に、白で統一された建物が並んでいて、まるでギリシャのサントリーニ島みたい!


ハンモックのあるカフェや、連日大行列の幸せのパンケーキ、沖縄そば屋も入っています。オシャレな雑貨屋さんやスイーツのお店がたくさん並んでいるので、散策するだけでも楽しめちゃう♪

▶ウミカジテラスの情報はこちら

瀬長島ホテル

瀬長島ホテルは、沖縄では希少な天然温泉付のホテル。お部屋のタイプは、飛行機の離着陸が一望できる「エアポートビュー」と、沖縄の青い海が一望できる「オーシャンビュー」があり、中には露天風呂付きの客室もあります。

出典:hotelwbf

大浴場である龍神の湯は、一人で入る壺湯や、立ち湯、寝湯など、海を眺めながら種類豊富な湯に浸かれてとっても気持ちのよい温泉。後ほどご紹介しますが、グランピングの宿泊者はこの龍神の湯に無料で入ることができるんです!

▶瀬長島ホテルの詳細はこちら

ポジリポ

出典:huge

瀬長島ホテルに隣接するイタリアンレストランのポジリポは、オーシャンビューでとってもオシャレな雰囲気のいいレストラン。店内どこからでも海を見渡せ、テラス席も人気です。お値段がリーズナブルなのも◎

出典:huge

お店の中に大きなピザ窯があって、焼き立てのピザや美味しいパスタがいただけます。夜もいい雰囲気ですが、青い海が見晴らせるランチタイムがおすすめ!

ポジリポの詳細はこちら



グランピングは「GRANCAMPING SENAGAJIMA」で!!

さて、本題のグランピングについてです!瀬長島にあるGRANCAMPING SENAGAJIMAには、日帰りBBQや宿泊もできるプランなど様々なプランがあります。私たちは今回BBQをして宿泊もしてきました。


こちらのグランピングはテントタイプではなく、トレーラータイプ。こちらの銀色の車体が今夜のお宿です。


これはキャンピングカーの中でも人気の高いエアストリーム社製のトレーラーだそうです。かっこいいですよね!

トレーラーの中はどうなってるの?

プレミアムダブルルームのお部屋の中はこんな感じです。

テーブルやソファ、キッチンにトイレとシャワールームもついてます✨


狭いですが、それなりに快適に過ごせます。中で動くと車体が揺れるのがキャンピングカーらしくて、それはそれで楽しかったです!

ディナーはBBQを満喫!


本来BBQは自分たちのトレーラー前のスペースでできるのでですが、あいにくの雨だったため、屋根のある広いスペースでBBQすることにしました。スタッフの方が親切で色々お手伝いしてくれたのが助かりました!


お肉や野菜は今回持込みで(食材込みのプランもあります!)その他必要な機材類は全て貸し出してもらえました。BBQコンロはかなり大きめで本格的!



夜になると幻想的な空間に…

暗くなってライトが点灯すると、昼間とはうって変わって雰囲気がかわり、幻想的な雰囲気に☆


そして先ほど少しお話しましたが、宿泊者は近くにある瀬長島ホテルの温泉に入れます!!最近では、旅行にきてゆっくり湯船に浸かれないとなかなか疲れが取れないこともあり、このサービスはかなり嬉しかったです。


正直快適さでいえば、ホテルに泊まったほうが快適ですが(笑)、たまにはこんなキャンピングカーでのお泊まりも新鮮な体験ができてよかったです!ほんとは天気が良ければもっとアクティビティなども楽しめたのですが、、天候ばっかりは仕方ないですね😂


沖縄はリゾートホテルも素晴らしいところがたくさんありますが、ひと味違った経験をしてみたい方は、グランピングしてみてはいかがでしょうか♪

▶GRANCAMPING SENAGAJIMAの詳細はこちら

記:RiNa
瀬長島グランピング体験記